女性用の育毛剤

女性の薄毛の原因は、ホルモンバランスの乱れや、整髪料による刺激、ヘアセットの際の牽引など色々とあります。しかし直接的な原因は頭皮の血行不良なので、薄毛の状態を解消するためには、血流の改善が有効となります。そしてそれを実現する方法のひとつが、女性用育毛剤の使用です。 男性用の育毛剤には、ミノキシジルという血管拡張作用のある成分が配合されているものが多くあります。血管が拡張すれば血行が良くなり、血液に乗って栄養分が多く頭皮や毛髪に届けられるようになるのです。 しかしミノキシジルは、女性にはやや刺激が強く、副作用が生じるリスクが男性より高いため、女性用の育毛剤にはあまり使用されていませんでした。ところが昨今では、1%ほどの低濃度でミノキシジルが配合された女性用育毛剤が販売されるようになってきました。これを使用することで、多くの女性が血行不良による薄毛を解消することができています。

ミノキシジルが高濃度で配合されている育毛剤の場合は、医薬品扱いになるので、手に入れるためには医師の処方箋が必要となります。しかし濃度1%ほどの女性用育毛剤の場合は、ドラッグストアで市販されているので、手軽に入手することができます。通信販売もおこなわれているので、人目を気にせずに誰にも知られることなく購入することも可能です。 また、海外の女性用育毛剤には、ミノキシジルが2%以上配合されているものがあります。これは、個人輸入をおこなったり、個人輸入の代行業者を利用したりすることで、手に入れることができます。ミノキシジルの配合量が多い分高い効果が期待できるため、1%では効果を実感しにくいという女性から注目を集めています。